ADHDと薬剤師とサラリーマンと……最近忙しい中で思うこと。

おれはもうおなかすいた(@ADHD、薬剤師

今日は帰りが遅くて、コンビニのサラダチキンとサラダとゆで卵という、低糖質レシピ。

サラダチキンってちょっと前に話題になってたけど、はじめて食べてみて……これはうまい!のと意外と満足感がある!

これは夕飯が遅くなったときの定番に加えたい!

 

でもやっぱラーメン食べたいぜ!

さて、最近仕事が遅くてなかなか帰宅時間も遅くなってしまい、思うように時間が取れない。

というのも、いきなり2人の薬剤師が抜けてしまって、その穴が埋まらないのだ。んー、やっぱ人って大切だと思うんだよね。

人をどれくらい大切にするかって、組織として重要だと思う。コマの一つではあるんだけど、やっぱり組織の一員として、一時代を共にする者。

終身雇用の時代ではないし、薬局なんて数年で転職するのが当たり前なんだから、初めからいなくなるのは当然。それでもその人をどれだけ大事にするかで、組織の器の大きさや最終的に周りに広がる口コミも違ってくると思う。

 

 

向き不向きはかなりあることをADHDは自覚する

ADHDの自分が薬局で働いていて感じることは、とにかく調剤や監査は向かないなということ。でも、これが在宅業務になって施設との折衝や業務調整、薬の調整とかどちらかというと、対人的な能動的に動ける仕事になるとすこぶる相性がイイということ。

ぼくの場合は在宅専門の薬局だから投薬はない。在宅専門の薬局なんて全国でもほとんどないと思うけど、ADHDで薬剤師の仕事を探しているお友達は一度在宅専門の薬局を探してみるといいかもしれない。

薬局によって、調剤や監査は誰がやるとか施設への周り方とかやり方は違うと思う。

でも薬剤師で調剤と監査を少しでも避けて、それでもADHDのイイ面の能力を十分に発揮するには最適なような気がする。

自分の特性を発揮して働けるとハマる!

もちろんADHDのイイ面も人それぞれ。ぼくの場合は、仕事上の対人関係が得意なこととお年寄りに好かれる面が非常に相性がいいように思う。

ぼくは今まで数年間のサラリーマン生活をしてきたけど、その場ではまったくといってイイほどハマらなかった。仕事で遅くなって20時に帰るなんてなった日は、もうへとへとで精神的に参ってしまって、次の日が憂鬱だった。

でも人が欠けてしまった今。ぼくはほぼ毎日20時すぎまで仕事して帰るが、なんとも思わない。さすがにこれ毎日続くのはちょっとキツイなー!ってのは思うけどね!

嫌だとか、辛くて逃げたいとかがまったくないんだよね。

これがきっとADHDな自分の特性も発揮した上で働けている、いわゆるハマっている状態なんだと思う。楽しく仕事ができることって、ここまで精神的にもいいことなんだなということを初めて実感してる。

ADHDで仕事で悩んでってお友達はきっと多いはず。

でも悩んでいる時点で今いる環境はベストじゃないはず。そして、ハマる場所を見つけられればADHDの特性は、仕事上でもイイ面で作用できるはず。

仕事で悩んでいるならば、その環境を飛び出してみよう。

ADHDでもハマることで、精神衛生的に180度ちがう生活ができている

数年前は……

「20時過ぎちゃったもう最悪だ。明日も嫌だなぁ。疲れたなぁ。」

だったのに、

今は……

「おぉもう21時かよ!ここからは明日にするか!今日もよくやったなぁ!明日はこうやろう!」

「遅くて大変だけど、まぁ稼げてると思えばイイや!これでみんなもっと楽に働けたらイイなぁ!」

なんて、超前向きに考えられてる。

ADHDの人は特に環境的にも合う合わないってすごくあると思う。でも自分がハマるとこはきっとあるから諦めずに探して欲しい。

別に転々としたっていいんだし、その結果、仕事で評価されると自信に繋がる。

過去と今を比べると明らかにイイ方向に向かってる。未来は今の延長だから、今を100%生きることでイイものにできるはず。

ADHDだからダメだよねー、じゃなくてADHDだからこそ向いてるんじゃない?を見つけていきましょう!

前向きに、前向きに!!

おれはもうねむい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。